読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わったよ。

ほぼシミュレーション通り。

洗車したら一時間も掛かって、青い入浴剤のお風呂に入って心を落ち着かせて、甘い香水付けて、目一杯可愛い格好をして、隣街のケーキ屋さんで素敵なケーキ買って、30分前に本屋さんに着いたらもう来てた。

道が全然混んでなくて、少しドライブしてからお店に向かって、古い町並み一緒に歩けて良かった。すごーくゆっくり昼餐して、お腹いっぱいになって、お料理も美味しくて、とても良い思い出になった。

帰り道、少し切なくなって我慢してたけどやっぱり泣いてしまって、でも沢山話せて良かった。伝えたい事、いっぱいあったのに何話したんだろう。

昨日ドキドキしてたのは、あたしだけじゃなかったみたい。彼の気持ちは本当に分からない。

もう無責任に「好き」て言えないんだって。でもセックスはしたい。今日だって、襲われるって考えなかったの?したくて触りたくて仕方ないって。またね。のキスをしてくれたけど、次は襲われる覚悟で来てねって。

あたしは、あたしの事「好き」て言ってくれる人としかセックスしないよ。

もうダメだね。

ありがとう。またね、はないね。

男は、もうこりごりだ。