読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2。

最近、外野が五月蝿い。五月蝿すぎ。煩わしい。

あたしはね、カウントダウンまでして、前回の二の舞を避けるべく、努力して努力して…。わーん。みんなが邪魔するよぉー。

まず、あいつ。

【今後セクハラ相談は他の方にお願いします 今後は一切ご遠慮下さい 毎回連絡されて迷惑してます 〇〇】

誰、こいつ?何であたしの携帯番号知ってるの?何でセクハラ相談してるって知ってるの?誰だよお前。

当人にメールしたら、少し事情があります だの、落ち着いたら連絡します だの、ごめんなさい、ご迷惑お掛けします…云々。

絶対、女だよね?身内か関係者だよね?口説いてきたのはあんただよ?これっぽっちも気がなかったけど。友達だと思ってたのに。親身になって話し聞いてくれてるって思ってたのに。がっかりだよ。男って…。

そんな事はどーでもいい。

て気を取り直そうと思った矢先、部長から、これまた「お前がその気にさせた」と記載された和解案。すごーくバカにされてるなぁ、あたし。

社長も部長も既婚者のくせに、あたしのせいにばっかし過ぎ。

自尊心の塊。

自制心が無さすぎ。

節操がない。

世の中こんな男ばっかでいいの?罪の意識もなく、人を平気で傷付けて、のうのうと仕事して。

何も失わず。自分の生活さえ守れたらそれでいいの?

で、あたしの心の傷の値段は『金壱拾五萬円』ですって。

和解、拒否です。