読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

供養。

何年か振りにお寺に行った。

いつもいつも、何故か忘れているくせに、ふと思い出す。

記憶を頼りに向かう。

何とかたどり着いて手を合わせてきた。

いつもならコンビニでジュースやお菓子のお供え物を買って行くけど、今日はいつもと違う道で来ちゃったから手ぶらでごめんね。

だーれもいない。

一人で階段を上って手を合わせる。

確か、昔も9月にふと思い立って来たよな。とか

あれ、今日は何年振りに思い出して来たんだろう。とか

考えながら「また来るね」て帰ってきた。

辛い事があると思い出す。

その度に「忘れないで」て思い出させてくれるのかな?

忘れてごめんね。

今の生活は、この犠牲の上に成り立ってる。

一生忘れないから。あ、当たり前か。

ちゃんと生きていくからね。